My iPhone5 Diary

2013年1月にiPhone5・16GB(ホワイト)→2014年10月iPhone6・128GB(シルバー)→2016年10月iPhone7・128GB(ローズゴールド)を使うblog

掘って飾って博物館経営 ボクと博物館

 日曜日はあまりリリースはないのだが、このゲームは日曜日に配信された。

ボクと博物館

ボクと博物館

  • takuya ori
  • ゲーム
  • 無料

ドット絵で描かれたグラフィックが懐かしい空気を醸し出している。

最初のチュートリアルで、絵だけで説明されることに面食らうが、難しい操作などはないので、それで何となく理解できる。

まずは廃墟のようになった博物館を、お金を消費して修理し、恐竜を載せる台ができたら化石を発掘に行く。

発掘は回数が決められており、序盤はつるはしで掘ることができる範囲も狭いので、なかなか苦労する。(しかし後半は後半で発掘場所が3層になっていたりするので、やはり運次第の部分が出てくる)

化石の部位を2個見つけるか、発掘回数を消費しきると終了。

発掘した化石は博物館に飾ることができるのだが、化石のパーツが複数あるのでなかなか100%に到達しない。

1つの化石が完成したら次の展示台を修理して、また発掘へいくこととなる。

なかなか楽しいゲームなので集中してプレイしていたら、10個くらい化石を完成させたらもう新しい発掘場所が出てこなくなった。面白いゲームなのにボリュームが足りないのは残念。

また、発掘回数を増やしたり、フィーバーモード(たくさんのお客さんが博物館に押し寄せてお金を稼ぐ事ができる)にするためには頻繁に広告を見なければならず、ゲームの流れがところどころ切れたりするのも気になった。

バージョンアップで化石が増える事を願って、暫く寝かしておく予定。

 

以上、博物館という言葉にときめきを感じる管理人・鴻露がお送りしました。