My iPhone5 Diary

2013年1月にiPhone5・16GB(ホワイト)→2014年10月iPhone6・128GB(シルバー)→2016年10月iPhone7・128GB(ローズゴールド)を使うblog

毎日壁紙を変えてみる/iPhone5のキーボードについて

朝、iPhoneを手にしておもむろに行うのは壁紙変更、というくらい毎日壁紙を変えている私がずっと使っているのがこのアプリ。

girlsapp4.us
HDの壁紙 Retina Wallpapers HD - 640x960 Wallpaper and Background(無料)
販売元:girlsapp4.us(14MB)
全てのバージョンの評価:★★★★☆(6559件の評価)

毎日10ページ分も新着壁紙が配信される上、無料だし高画質。
壁紙のジャンルも多岐に渡っているので、毎日変えても全く違う印象になる。
(カレンダーもあるのでロック画面にも使える!)
壁紙を変えたいけど何から探していいのか分からない人、壁紙にはこだわりたい人は入れてみてはどうだろうか。

さて、ここから独り言。
最近、iPhoneで長文を打つことがちょこちょこあり、流石にソフトキーボードぽちぽちが辛くなってきた。(フリック入力はまだできませんorz)
iPhone5とじかにセットできるケース型キーボードを買おうか、普通のBluetoothキーボードを買うべきか悩んでいる。

<共通・キーボードを買う利点>
・長文が打ちやすくなる
・画面を広く使う事ができる

<一体型キーボードの利点>
・持ち歩きする時にiPhoneと一体型なので持ち運びしやすい
・使いたいときにすぐに使う事ができる
・LED付のものが多いので暗い場所でもキータッチ可能
<一体型キーボードの欠点>
・せっかく気に入っているケースを使っているのにケースが使えなくなる
・重くなる(+75~120gくらい)
・横向き対応以外のアプリでは意味がない
・カメラに映りこむ可能性がある

<外付けキーボードの利点>
・今まで使っていたケースが無駄にならない
・一体型よりキーピッチが広いものが多い
<外付けキーボードの欠点>
・持ち歩きにかさばる
・一体型より重くなる可能性が高い
・一体型よりやや割高

両方とも色々なメーカーから出ていて値段もピンきりなので、もう少し比較検討して考えたい。